2018年 7月 22日 (日)

35歳過ぎにエイジングケアは常識!?

印刷
キャプション ナイトクリームは寝ている間にダメージの回復に働きかける
キャプション ナイトクリームは寝ている間にダメージの回復に働きかける

   「アニエス ベー」などフランスのコスメを販売するCCBパリは、スキンケアブランド「コスマンス」から新しいエイジングケアライン「ソワンアンチリッド」を2009年2月9日に発売する。

   化粧水、美容液、昼用クリームと夜用クリームの全4品を展開。7年にわたる研究で生み出されたエイジングケア分子プロキシレンと、肌の深部まで到達する紫外線UV-A波を防ぐメギゾリルSXを配合した。

   同社によると、35歳を過ぎるとコラーゲン線維の生成量が徐々に減り始め、細胞の再生スピードが落ちていく。それにともない表皮が薄くなり、真皮と皮下組織が弱くなる。UV-A波を浴びると、細胞変質の原因となるフリーラジカルの生成を促進。しわが定着しやすくなり、数も増えるという。

・ソワンアンチリッド ナイトクリーム(50g 5040円)
・同ローション(200mL 3150円)
・同スポッツケア(30mL 5250円)
・同デイクリーム(50g 4725円)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中