ひきはじめに「エアボーン」 米で「風邪」対策の人気者

印刷

   先週のアメリカは何か一種異様な空気に包まれていました。そう、オバマ大統領就任式です。TVのみならず、ラジオでも宣誓式の生中継。オバマ氏が大統領に当選した日の新聞が飛ぶように売れたのに味をしめた新聞社は、今回は前々から、就任式を伝える翌日の新聞の特別予約受付の広告を大々的に出していました。

   「いくら歴史的イベントだからとはいえ、あんなに寒いのによく並ぶよな」というのが就任式を一目見ようとワシントンDCを訪れた人たちに対する感想。風邪をひいた人たちも多そうです。

カリフォルニアの小学校の先生が考案

エアボーンのオリジナル
エアボーンのオリジナル
こちらはタブレット。通常1箱10粒だが、ボーナスで2粒多めに入っていることも
こちらはタブレット。通常1箱10粒だが、ボーナスで2粒多めに入っていることも

   風邪といえばこちらでも流行っていて、インフルエンザにやられた人もいれば、咳が抜けるのに2か月かかるようなたちの悪い風邪にかかった人もけっこういます。私は去年2月にひどい風邪をひいたのですが、そのとき主治医に「今回の風邪は効く薬がなく、薬によって症状を弱めることしかできない」と言われました。「咳がぬけない」「鼻づまりが続く」といった友人たちの話をきくと、この冬もたちの悪い風邪が流行っているようで戦々恐々としています。

   それならば予防を、ということで、今回はこちらで人気の風邪の予防サプリを紹介したいと思います。

   商品名は「Airborne(エアボーン)」。

   カリフォルニアの小学校の先生が考案したもので、ビタミンCなどのサプリとハーブ系成分から構成され、医者の処方箋(せん)などはいらず、ドラッグストア、大手量販店、スーパー、空港などあちこちで買うことができます。

   一年を通して店頭に並んでいるのですが、特に風邪が流行るシーズン前の10月ごろからは一番目につくところに並べられます。

   製品は、大きめの錠剤の入ったオリジナルから子供用、グミタイプまで様々。定番のレギュラータイプの味はオレンジ、レモンライムなど。飲み方は錠剤をコップ1杯程度の水にいれて、溶かして飲むのです。

   気になるお味は、アメリカのものにしては甘すぎず(苦笑)、またオレンジ味についていえばファンタオレンジのようで飲みやすい。レモンライムも酸っぱいというイメージがあり、避けていたのですが、友人に「意外といける」といわれて飲んでみたところ、確かにそのとおり。以後、我が家は、オリジナルタイプのオレンジ味とレモンライム味の2種類を常備しています。

   お値段はお店によって微妙に異なるのですが、オリジナルであれば5ドル前後。一番の特徴はやはり飲みやすいこと。また携帯しやすいため旅行にいくときも必ず持っていきます。

   これは本当に人気の定番品らしく、渡米後まもなく「風邪気味だ」、といったら「これを飲むといいわよ」と教えてもらいました。以来、「風邪ひきそう」「風邪をうつされそう」と感じた場合、すぐに飲むようにしてみます。

   日本も私が住んでいた2000年ごろと比較するとずいぶんとサプリメント文化が浸透、定着してきたので、エアボーンもすんなりと受け入れられるのではないでしょうか。 以前、「お薦めアメリカ土産」のコラムを書きましたが、Airborneもお土産であげると喜ばれる品。友人たちは「日本では簡単に手に入らないから」と大事につかってくれているようです。

インフルエンザ、この2~3年のうちにかかりました?
なぜか、毎年かかってます。虚弱だ~
まさに今、タイヘンなことになってマス(・・・じゃあ、寝てろってか?)
今まで一度もかかったことがありません
インフルエンザって、なんスか?
ようやく治りましたよ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中