未来の世界的デザイナーが登場!? 松屋銀座でファションショー開催

印刷
学生たちの思いが詰まった作品
学生たちの思いが詰まった作品

   2009年2月16日、松屋銀座1階スペース・オブ・ギンザにて、東京ファッション専門学校の学生たちが企画・演出するファッションショー「2009 FASHION SHOW」が行われる。

   第1部のきものファッション学科によるファッションショー「そうしん」は、日本の伝統である着物を新しい観点からとらえ、時代とともに進化する斬新(ざんしん)な着物作品を披露する。

   第2部のファッションデザイン学科によるファッションショー「Deconstuction(脱構築)」は、素材、色遣い、ディテールのデザインなどの要素をゼロから発想。奇抜なデザインの服で観客を驚かせるという。

   全33作品(第1部10点、第2部23点)。

   開催時間は、(1)12時30分から(2)15時から(3)17時からの計3回。各回約30分を予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中