低燃費支援のホンダ「インサイト」

印刷
200万円を切ったハイブリッド車はたしかに気になる存在だ
200万円を切ったハイブリッド車はたしかに気になる存在だ

   ホンダは、新型ハイブリッドカー「インサイト」を、2009年2月6日から売り出した。

   1.3リッターi-VTECエンジンにモーターを組み合わせた動力ユニットを持ち、組み合わされる変速機はCVT。エンジンは必要に応じて全気筒を休止させる可変シリンダーシステムを採用、燃費向上を実現している。さらに、低燃費運転を支援する「エコアシスト」を標準装備し、ドライバーの運転がどれくらいエコドライブかを判定する機能や、エアコンの省エネ化などにより燃費性能をさらに向上させる機能を使うことができる。

   ボディサイズは全長×全幅×全高が4390×1695×1425(単位はmm)、外観はモノウォッチ内でも紹介した「FCX」のイメージを踏襲するデザインとなっている。内装では、最大容量400Lの荷室や、大人5人がしっかり座れる室内空間を持つなど、ゆとりある設計とした。

   価格は189万円~221万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中