「漢方牛」肉使った「やくぜんカレー」

印刷
体にやさしい「贅沢」カレー
体にやさしい「贅沢」カレー

   富山県の医薬品メーカー「広貫堂」は、「健康」と「美味しさ」をテーマに開発した「富山廣貫堂 やくぜんカレー」を2009年2月9日に発売した。

   食欲を刺激する27種類ものスパイスを使用。また富山大学和漢医薬学総合研究所の監修で、6種類の厳選した和漢素材をブレンドしている。肉には漢方草で飼育された「新生漢方牛」を使用し、食べて美味しく、体にもやさしい高級感のあるカレーに仕上がっている。

   内容量は180g(1食)で、希望小売価格は609円。通信販売などでも入手できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中