中国人気歌手、ジェーン・チャンが日本デビュー

印刷
会見で笑顔を見せるジェーン・チャンさん
会見で笑顔を見せるジェーン・チャンさん

   中国の人気歌手で、同国の青年大使やユニセフ親善大使を務めるジェーン・チャンさん(24)が「ジェーン Z.」の名前で日本デビューすることになり、2009年2月27日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。

   チャンさんは05年、4億人が見たというオーディション番組「スーパーガール」に入賞してデビュー。シングル12曲がランキングの1位を獲得したほか、08年には、映画の主題歌「Painted Heart」が2000万回ダウンロードされるという記録を打ち立てた。

   チャンさんは、

「日本の人は礼儀正しいし、環境問題に気を配っていると思います。(ゴミを捨てるために)ゴミ箱の前に列が出来ているのには、本当に驚きました」

と日本の印象を語った上で、

「06年~07年にかけては、年に200以上の公演をこなしていました。今後は、これらの仕事を減らして、アルバム制作に力を入れたいです。数よりも質を大事にしたいです」

と、意気込みを語っていた。3月29日には、東京・渋谷の「渋谷 Duo Music Exchange」での公演も予定されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中