「ギャル」嫌いな人たちへ 「どうぞシカトしてください」

印刷

   このところ、コメントで「ギャルについてのご意見」をたくさんいただくようになりました。厳しいものも多いのですが、応援してくださっている方々も少なくないことを知りました。今回は、彼女たちの気持ちをよく知る私たちから「ギャルなんていらない」と考える人たちへのメッセージを送りたいと思います。異論・反論があればどしどしコメントをください。

「経済効果100億」をもたらすコも・・・

我が道を行くので~す!
我が道を行くので~す!

   ギャル中学生~大学生、時にはギャルママさん等と関わったりしているんですが、皆本当に素直で前向きで、何より元気で向上心が高く、友達想いの子が多い。

   確かに "いい部分"を見ようとしてしまいがちですが、ダメなところもある。例えば、無愛想の子や、自己チューでKY(空気読めない)な子もいるし、マナーを知らない子もいます。

   ただ、何万人というギャルと接してきた私からみると、それは少数ですね。

   格好やメイクでごまかされがちですが、彼女たちの大部分は、色んなことを考えています。生きることにポジティブですし、人間関係にも気を配ります。だからなのか、「経済効果100億」をもたらすといわれる女の子もいたり、ブログアクセス1日200万PVを超えるような注目の人物が出てくるのだと思います。しかし、少数派の行動がどうしても目立ってしまい、ギャル全体のイメージをよくないものにしているのでしょう。

「怖そう」
「悪いことしてそう」
「何も考えて無さそう」

   聞こえてくるのはそうした声・・・。

   果たして、ギャルたちは自分たちのことをよく思っていない人たちに対して、どう思っているのか?

ギャル界はみんな身内同然

   集まった意見で上位に入ったのは下記のようなものでした。

「見た目や話方で悪口を言われたり、勝手な判断している人には解ってもらえなくて結構です!!」
「嫌いならシカトして下さって構いません!」
「別に気にしていません」

   ギャルの子たちの生活や交友関係には、強いテリトリーがあります。当然ですが、「ギャルを認めていない」人たちや、ギャルから見て信頼出来ない人たちは彼女らの世界には絶対入れず、「招待されたモノ」のみ"ギャル世界"に入る事が出来ます。

   例えていうなら、一見さんお断りのバーや、紹介者がいないと入れない"mixi"の様な世界です。

   ただ、ひとたび足を踏み入れると、初めて会った子同士でも認めあい、すぐに仲良くなれます。「社交辞令」みたいなものが一切無い、「身内」同然の関係ですね。

「誰かに自慢したくなるようないい仲間」がどれだけいるか

   ギャルたちは決して友達の数を競っていません。「誰かに自慢したくなるようないい仲間」がどれだけいるかが彼女達のステイタスだといえるでしょう。よって、仲間意識や情報共有力などが強まり、ひとつの強力な「ネットワーク」が完成するのです。

   そう簡単には理解いただけないとは思いますが、彼女達自体はそうしたことを一切、気にしていません。ある意味、不器用でまっすぐなんですよね。

有限会社SGRひぃ

ある日、突然、あなたが「ギャル」になったら、どんなギャルになりたいですか?
格好は「ギャル」してても、ごくフツーのコ
パンツ見えててもオッケーな「セクシーギャル」になる
ギャルメークの東大生ってのもいいよね
論客になる(???)
バリバリ仕事するギャル
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中