青いカーネーションから新花「アクアブルー」

印刷
新色の「アクアブルー」は水のようにやわらかい
新色の「アクアブルー」は水のようにやわらかい

   サントリーフラワーズは、オーストラリアのFlorigene社(フロリジン)と共同開発した青紫色のカーネーション「「Moondust」(ムーダスト)のスタンダードタイプから新花「アクアブルー」を、2009年3月3日、発売する。

   この新しいカーネーションは、きらめく水面、パールのような質感の、やわらかい淡い青紫色が特徴。ブライダルや卒業式・入学式などのお祝い、パーティーなどを演出する。古来より高貴、青春、永遠を意味する色という。

   これにより、「Moondust」スタンダードタイプのラインナップは、濃い青紫色の「ベルベットブルー」と深みのある青紫色の「プリンセスブルー」、淡い赤みがかかった青の「ライラックブルー」との4色になる。花ことばは、「永遠の幸福」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中