2018年 7月 18日 (水)

「C4」と「C4ピカソ」新エンジン採用

印刷
写真は「C4」 顔つきがちょっと変わりました
写真は「C4」 顔つきがちょっと変わりました

   プジョー・シトロエン・ジャポンは、「C4」と「C4ピカソ」をマイナーチェンジし、2009年2月26日に売り出した。

   「C4」は、最高出力140psの1.6L直4ターボと最高出力120psの1.6L直4NAの新エンジン2種を用意。変速機はいずれも4速ATが組み合わされる。フロント周りのデザインが変更され全長が30~35mm拡大したほか、ラインアップも現行の5モデルから3モデルに改められた。価格は269万円~324万円。

   「ピカソ」には、「C4」に搭載されるターボエンジンと同じ新型1.6L直4ターボエンジンが搭載される。最高出力は組み合わされる変速機によって異なり、電子制御4ATでは140ps、6速エレクトロニックギアボックスシステムでは150ps。変速機の違いによる2モデルの設定で、価格はいずれも377万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中