日本全国から「工芸品、いらっしゃ~い!」

印刷
陳列商品の放つ美しさに注目
陳列商品の放つ美しさに注目

   松屋銀座では2009年2月24日~3月23日まで、日本デザインコミッティー主催のもと「NIPPON VISION GIFT -47都道府県からの贈りもの」を開催している。

   デザイナーのナガオカケンメイさんが、日本全国の伝統工芸品を「ロングライフザサイン」という観点からえり抜いた。アイテムは1つの県につき3~4個。一部を紹介すると北海道からはサッポロビールの「サッポロ生ビール黒ラベル」・小原の「コアップガラナ」・東栄民芸の「木彫り熊ミニ」、広島からは宮島工芸製作所の「宮島しゃもじ」、田中食品の「旅行の友」など。昔から販売されている定番商品に加え、伝統を取り込んで生まれた新商品も交えた構成となっており、各商品の購入も可能だ。

   時間は10時~20時(最終日は17時まで)。入場料は無料。2009年5月以降は東京店、大阪店、札幌店、静岡店でも巡回展示予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中