ペットボトルより軽いデジタル一眼

印刷
コンパクトサイズで持ち運びやすい
コンパクトサイズで持ち運びやすい

   オリンパスイメージングは2009年3月下旬、手ブレ補正機構内蔵のデジタル一眼レフカメラ「E-620」を発売する。

   内蔵の手ブレ補正機構を従来機種よりも2割軽量化したほか、基盤サイズも小型化した。本体サイズは130×94×60mmで、重さは500ml入りのペットボトルよりも軽い475gにした。同社によると手ブレ補正機構内蔵のデジタル一眼カメラとしては世界最小・最軽量だという。

   画質面では1230万画素のMOSセンサーや画像処理エンジン「TruePicIII+」を採用。階調豊かで、自然な色調の画像を撮影できるという。また、粒子の粗いモノクロ写真や、独特の風合いをもつトイカメラ風の画像などを撮影できる「アートフィルター」機能も搭載するなど、撮影機能を充実させた。

   想定価格は本体のみの「E-620 ボディー」が9万円、標準レンズ付きの「E-620 レンズキット」が10万円、標準レンズとズームレンズが付く「E-620 ダブルズームキット」が12万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中