一定の細さと濃さで書けるシャープペン

印刷
高級感があって、しかも書きやすい!
高級感があって、しかも書きやすい!

   三菱鉛筆は、書くたびに芯がくるっと回って芯先がとんがり続けることで、いつも細く、一定の濃さで文字が書けるシャープペン「KURUTOGA(クルトガ)」の第2弾として、高級感あるアルミウェーブグリップのハイグレードタイプを、2009年3月20日から発売する。

   アルミの表面を加工して形状をウェーブ状にすることで、落ち着きのある高級感と同時に手にしっとりと馴染む、新しい触感を実現。また、安定した筆記感を可能にするため、軸のバランスを、ペン先部分を重くなるように意識した「低重心」設計にした。

   芯径は0.3ミリと0.5ミリで、ブルー、ブラック、ホワイトの3色。金属パーツとマッチした光沢感のある塗装ボディを採用した(芯径0.3ミリはブルーのみ)。

   希望小売価格は、1050円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中