「真っ暗闇」を体験するイベント 東京・青山

印刷

   NPO法人「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン」は2009年3月20日から、暗闇での体験イベント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク TOKYO」を東京・青山で開く。

   同イベントは、「まっくらやみのエンターテイメント」と銘打ち、最大8人から構成されるグループが、真っ暗闇の中を探検するというもの。「アテンド」と呼ばれる視覚障害者のガイドに導かれ、参加者同士でコミュニケーションを取りながら暗闇の中を進む。視覚があれば「普通の光景」であるはずのものを、視覚以外の聴覚・嗅覚・触覚・味覚などを頼りに、1時間半にわたって体験する。

   同イベントは90年代末にドイツで誕生し、国内では99年以降、約3万6000人が体験している。代表の金井真介さんは

「従来は『数週間~数ヶ月』といった短期開催にとどまっていましたが、初めての長期開催にこぎ着けることができ、都心での開催場所を確保することもできました。今後は、『常設』での開催ができれば」

と意気込んでいた。

   すべて事前予約制で、チケット購入はウェブサイトから。入場料は予約状況によって変動するオープン価格で、大人は1人4000円から。火曜休館。今回の会期は6月下旬までを予定しており、それ以降も年単位での開催を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中