万年筆の「進化論」 イタリア高級万年筆「OMAS」が日本再上陸 

印刷
老舗ならではの高級感が漂っている
老舗ならではの高級感が漂っている

   インターコンチネンタル商事は、2009年4月からイタリアを代表する高級万年筆メーカー「OMAS(オマス)」社製品の輸入販売を始める。「オマス」製品が日本で販売されるのは3年ぶりのこと。

   「オマス」は、1925年創業の老舗でありながら、常に時代の最先端を行く革新的なデザイン・技術力などが世界中で高く評価されている。

   今回は、オマスを象徴する「アルテ イタリアーナ」、「360」、「エモティカ」、「ボローニャ」の4コレクションと、限定品の「Limited Editions」という5種のラインアップを主とし、万年筆・ボールペン・ローラーボールペン・シャープペンシルの4タイプを揃えている。価格は3万円からとなっているが、中でも注目を集めるのは、その年にちなんだテーマを題材とした限定モデル「Limited Editions」だ。

   2009年は、進化論の祖「チャールズ・ダーウィン」の生誕200周年と、その著書「種の起源」の出版150周年に当たるのを記念して、スターリングシルバー製のボディーに航海旅行の地図と軍艦ビーグル号、キャップの頭に進化論の足がかり「モノマネドリ(マネシツグミ)」を描くなどダーウィンの業績を1本のペンの中に表現した「I think」が制作された。

   販売本数は、彼の誕生年にちなんで、万年筆(29万4000円)1000本、ローラーボール(26万2500円)809本の世界限定1809本。

   また、特別モデルとして、ボディーに高級素材を用いた「18K金モデル」、「ピンクゴールド&ダイヤモンドモデル」も僅少数用意する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中