「ルービックキューブ」猛者の戦い、大阪で

印刷
日本大会2008決勝の様子
日本大会2008決勝の様子

   2009年3月28日、大阪・東淀川区のKOKO PLAZAにて、「ルービックキューブ大阪大会2009」(日本ルービックキューブ協会主催・メガハウス後援)が開催される。

   1980年の発売以来大ブームを巻き起こし、現在ではシリーズの累計出荷数が1050万個を超えるルービックキューブ。正方形のブロックに2×2×2、3×3×3、4×4×4・・・の色つき面が配置され(3×3×3の形が一般的)、製品を回転させてバラバラにした色を揃えていくという遊びだ。

   関西地区でも最大規模となる今大会では、83名の選手が参加し、6面早揃えの時間を競う。参加者の中には、07年にハンガリーで行われた世界大会で優勝した実力者も。

   色ではなく、パーツの形が異なる、新設の「ミラーブロックス」部門も見どころの一つだ。

   開催時間は10時~19時半。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中