2018年 7月 24日 (火)

甲類と乙類をブレンドした焼酎

印刷
四季の花や葉の柄が食卓に映える
四季の花や葉の柄が食卓に映える

   サントリーは、甲乙混和焼酎「麦焼酎 はなうた」、「芋焼酎 はなうた」を3月31日にそれぞれ発売する。

   乙類焼酎原酒の「原材料由来の豊かな風味」と、甲類原料酒の「飲みやすく、すっきりとした後味」をブレンドしたもの。

   「麦焼酎 はなうた」は、新開発の酵母などを使用し、麦の香りや旨みと、爽やかな後口が特長。また、「芋焼酎 はなうた」は、鹿児島県産のさつまいも「黄金千貫(こがねせんがん)」などを原料に使用し、さつまいものふくよかな香りと甘みのある味わいに仕上げたという。

   希望小売価格は、「麦・はなうた」が1480円(税別)、「芋・はなうた」が1580円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中