甲類と乙類をブレンドした焼酎

印刷
四季の花や葉の柄が食卓に映える
四季の花や葉の柄が食卓に映える

   サントリーは、甲乙混和焼酎「麦焼酎 はなうた」、「芋焼酎 はなうた」を3月31日にそれぞれ発売する。

   乙類焼酎原酒の「原材料由来の豊かな風味」と、甲類原料酒の「飲みやすく、すっきりとした後味」をブレンドしたもの。

   「麦焼酎 はなうた」は、新開発の酵母などを使用し、麦の香りや旨みと、爽やかな後口が特長。また、「芋焼酎 はなうた」は、鹿児島県産のさつまいも「黄金千貫(こがねせんがん)」などを原料に使用し、さつまいものふくよかな香りと甘みのある味わいに仕上げたという。

   希望小売価格は、「麦・はなうた」が1480円(税別)、「芋・はなうた」が1580円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中