2018年 7月 23日 (月)

「シャーロック・ホームズの科学捜査を読む」

印刷
科学捜査や法医学の魅惑的な世界がわかる1冊
科学捜査や法医学の魅惑的な世界がわかる1冊

   河出書房新社から2009年春の新刊「シャーロック・ホームズの科学捜査を読む」(E・J・ワグナー著 日暮雅通訳)が発売され、好評を得ている。

   「怪盗ルパン」「江戸川乱歩」とともに、「シャーロック・ホームズ」の物語は大部分の人が小学校時代、図書室でむさぼり読んだのではないだろうか。そのホームズが活躍したのは19世紀末から20世紀の初頭。この本では、「切裂きジャック事件」や「スメサースト事件」など、当時のさまざまな怪事件をひもときながら、「シャーロック・ホームズ」の物語で出てきた会話や、探偵ホームズがとった手法が、いかにその後の犯罪捜査に影響を与え、生かされてきたかを綴っている。

   2007年度MWA(米ミステリ作家クラブ)賞 評論伝記部門賞受賞。

   2100円(税込み)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中