野田聖子大臣・毛利衛館長と地球環境を考えよう!

印刷
会場では、球体ディスプレイ「ジオ・コスモス」が地球を映し出す
会場では、球体ディスプレイ「ジオ・コスモス」が地球を映し出す

   日本科学未来館は、2009年4月13日に内閣府と共催で、新小学4~6年生を対象としたイベント「サイエンス・アドベンチャー『宇宙でピンチ!地球がピンチ?!』」を開催する。

   野田聖子内閣府特命担当大臣と未来館館長で宇宙飛行士・毛利衛さんの2人を進行役に、地球環境の問題を宇宙の視点で考えるというもの。

   子供たちは、宇宙への理解を深めるべく用意された2つのクイズとその解答を得るための実験に挑戦した後、「地球温暖化で暮らしはどうなる?」という議題で地球環境について考えていく。

   イベントの最後には野田大臣・毛利館長との記念撮影が行われる予定。

   定員は30名で、事前申し込みが必要。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中