2018年 7月 20日 (金)

奥行き69mmの薄型ミニコンポ

印刷
画像はSDカード対応の「SC-HC4」シルバー、ブラック、ピンクの3色展開
画像はSDカード対応の「SC-HC4」シルバー、ブラック、ピンクの3色展開

   パナソニックは2009年4月18日からiPod対応のミニコンポ「D-dock」シリーズの新製品として薄型の2機種を順次発売する。

   売り出すのはCDとiPodの音楽データの再生に対応する「SC-H3」と、SDカードに保存した音楽も再生できる「SC-HC4」。奥行きは69mm(最薄部)とスリムタイプなので、デスク上などの設置スペースを広く取れない場所にも置きやすい。

   また、スピーカーは一部素材に原音の再現性が高い竹を使ったほか、低音域でもひずみの少ない音を再生できるように重量バランスを工夫するなど、音質にも配慮している。

   想定価格は「SC-H3(シルバーのみ)」が4万円前後、「SC-H4(シルバー、ブラックなど3色)」が3万5000円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中