1953年の「カルピス」復刻版

印刷
56年前のカルピスはどんな味だったんだろう?
56年前のカルピスはどんな味だったんだろう?

   カルピスは2009年4月6日、「カルピス」1953年復刻版を発売した。

   1919年7月7日、日本発の乳酸菌飲料として誕生したカルピスの90周年記念商品で、あえて「1953年」と銘打つのは、この年、ラベルおよび包装紙の大きなデザイン変更があったからだ。

   「七夕生まれ」の商品ということで、それまでは天の川の群星をイメージし、青地に白の水玉模様が施されていたのだが、同年から「白地に青の水玉」というまったく逆パターンデザインに変更され、今ではすっかりおなじみとなっている。

   現在店頭で売られているカルピスより濃く、甘いのが特徴だ。

   450ミリリットル。価格は483円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中