2019年 2月 21日 (木)

クレヨンから「はだ色」が消滅 理由は「人種差別に繋がるから」

印刷

   幼いころ誰もが使ったことのあるクレヨンや色鉛筆。そこで、ひっそりと大きな変化が起きていたのをご存知だろうか。かつてあった「はだ色」が姿を消してしまったのだ。どうなっているのだろう。メーカーに聞いてみた。

呼称変更「10年前」から!

「はだ色」は何処に…
「はだ色」は何処に…
「クレヨンから『はだ色』がなくなったのは99年からです」

   大手クレヨンメーカー、ぺんてるの広報担当者はこう話す。ぺんてるでは99年以降、「はだ色」の呼称を「うすいオレンジ」を意味する「ペールオレンジ」に改めている。変更理由に関しては、

「絵を描く際には見たままの色で描くのが基本です。『はだ色』というのは、メーカー側が肌の色とはこういうものだという概念を与えてしまうので、不適切だと判断しました」

と話す。同じくサクラクレパスも00年から「はだ色」の呼称を「うすだいだい」に変更。やはり「肌の色に対して固定観念を与えてしまうから」だという。日本絵具クレヨン工業組合によると、05~06年にはほぼ全てのクレヨンから「はだ色」という呼称が消えたとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中