2018年 7月 16日 (月)

動画撮影の機能高めたデジタル一眼

印刷
ゴールド、レッド、ブラックの3色を取り揃える
ゴールド、レッド、ブラックの3色を取り揃える

   パナソニックは2009年4月24日、動画撮影機能を高めたデジタル一眼レフカメラ「DMC-GH1K」を発売する。

   動画の撮影時にピントを自動で合わせ続ける「フルタイムオートフォーカス機能」を搭載した。被写体が移動してもピントのボケが少ない動画を撮影できる。同社によればデジタル一眼カメラで同機能を採用したのは世界で初めてだという。画質面では1210万画素の新開発MOSセンサーを搭載。従来製品よりもノイズを低減させた。

   本体は手のひらにも乗る大きさ(124 mm×89.6mm×45.2mm)で、重量も385gと、同種カメラでは世界最小・最軽量のコンパクトサイズに抑えた。

   ゴールド、レッド、ブラックの3色。14mm~140mm対応のレンズが付く。想定価格は15万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中