「日本酒」に科学のメスが入る!

印刷
第1回は「ボジョレー・ヌーボー」 参加者は真剣そのもの
第1回は「ボジョレー・ヌーボー」 参加者は真剣そのもの

   日本科学未来館は、2009年5月8日に日本酒の美味しさを科学的に分析するイベント「Tasting & Testing vol.2 科学で味わう日本酒」を開催する。

   「食」を科学的な切り口で考える「Tasting & Testing」の第2弾で、研究者・専門家による2つのトークイベントと実験を通して、日本酒の魅力に迫るというもの。

   実験では、実際に数種類の日本酒をテイスティングして、成分による味わいの違いや料理との相性、個々人で違う嗜好(しこう)の問題などについて、科学的なデータに基づきながら触れていくのだという。

   定員は成人60名で、参加費1000円が必要。

   4月30日の18:00まで、同館HP(http://www.miraikan.jst.go.jp/)で参加申し込みを受け付けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中