100グラム7350円 「幻のコーヒー」予約始まる

印刷
ゴールドパッケージがまぶしい
ゴールドパッケージがまぶしい

   UCC上島珈琲は2009年4月20日から、インド洋、レユニオン島産の「幻のコーヒー」、「ブルボンポワントゥ」の予約受付を始めた。

   ブルボンポワントゥは18世紀初頭にフランス領ブルボン島(元レユニオン島)で発見されたコーヒー。類い希な香りの高さと甘みのある風味で知られ、かの文豪バルザックにも愛されていたが、1942年に生産が途絶えて以来、「幻のコーヒー」と言われてきた。

   UCCは、ブルボンポワントゥを再生するため、99年からレユニオン県庁や現地の研究機関と共同でプロジェクトを発足。約8年に亘る調査・研究の結果、収穫に成功し、07年に日本で独占発売した際には、予約開始日に申し込みが殺到した。

   3回目の出荷となる今回は、過去の栽培データを分析して増産を実現し、例年の2000セット限定から3000セット限定となっている。また、パッケージにはキャニスターとしても使えるゴールドのプレミアム缶を採用。そのほかにも、オリジナルのメジャースプーン「ポワントゥスプーン」や、フランスとコーヒーの歴史を綴った小冊子がセットになった豪華仕様となっている。

   1パック100gで価格は7350円。予約は、UCCのオンラインショップとUCCの直営15店舗で受け付ける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中