映画「色即ぜね~」のヒロイン・臼田あさ美は「ヌーブラ」

印刷
フリーな衣装で登場した臼田あさ美
フリーな衣装で登場した臼田あさ美

   みうらじゅんの自伝的青春小説を映画化した「色即ぜねれいしょん」(2009年8月公開)の完成披露試写会が09年4月20日、東京・新橋のスペースFS汐留で開かれた。

   上映前には、原作者のみうらじゅん、監督の田口トモロヲ、出演者の峯田和伸(銀杏BOYZ)、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、そして2000人の中から選ばれた新人渡辺大和が舞台で挨拶し、製作秘話などを語った。

   ヒロインのオリーブに扮した臼田は、「田口監督の前作『アイデン&ティティ』も大好きなので今回の映画に参加できて嬉しい」と挨拶。「今回の役作りはリハーサルの時からこころの葛藤がすごくあったが、渡辺君のストレートな演技やいろいろな人に支えられてやりきることができました」と述べた。

   その後の囲み取材の中で、演技で肌の露出が多かった臼田に対し「映画の中ではノーブラだったんですか」と芸能レポーターがセクハラ質問。

   「ノーブラではなくヌーブラです。ノーブラではないです」と戸惑いながら否定するも、脇から監督が「でも映画的には一応ノーブラってことにしておいてください」とお願いすると、すかさず「ノーブラです」とニコニコしながら答えていた。

   さらに、童貞の高校生・純がフリーセックスの島を目指すというストーリーに対して大胆な質問も出されたが、みうらじゅんが「エロ映画じゃないですからね」と釘をさし、母親役の堀も「ピュアな青春映画なので親子でも見られます。そんな危険な映画ではないです」と説明していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中