2018年 7月 19日 (木)

一定時間経過でデータが消えるUSBメモリ

印刷
画像は試作品
画像は試作品

   富士通研究所と同社の米子会社は2009年4月17日、一定時間が過ぎると保存データを自動的に消去する機能などを備えたUSBメモリを開発した、と発表した。

   USBメモリの紛失・盗難から個人情報が流出する事件が多発する中、セキュリティ機能の高いUSBメモリが求められている。同社はUSBメモリ本体にバッテリーやデータ処理装置を組み込むことで、ユーザーの設定に応じて自動でデータを消せるようにした。例えばPCから取り外して一定の時間が経過した時や、事前に登録したPC以外と接続した時にデータを消去するといった使い方ができるという。

   既に富士通グループ内で試験的に使用しており、今後製品化を目指して検証していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中