燃費を改善したブルドーザー

印刷
画像は湿地仕様の「D65PX」
画像は湿地仕様の「D65PX」

   コマツは乾地仕様の中型ブルドーザー「D65EX」と湿地仕様の「D65PX」をフルモデルチェンジして2009年4月1日に発売した。

   両機種とも動力伝達効率の高い自動変速機を採用したことで燃料消費量を10%削減した。さらに、「D65EX」には、形状の工夫で掘削時の抵抗を減少させたブレード「シグマドーザ」をオプションとして設定。変速機の見直しとシグマドーザの設定で燃費効率を合わせて25%改善したという。

   また、運転室は安全フレーム(ROPS)と一体化させたことで、室内の騒音・振動を低減するとともに側方の視界も改善した。

   価格は「D65EX」が2760万円、「D65PX」が3040万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中