「GW」の丸ビル界隈 クラシックを楽しもう

印刷
昨年の様子
昨年の様子

   東京の中心部、丸ビル・新丸ビル内を中心としたエリア全8会場で、2009年4月28日から5月5日の間、東京国際フォーラムで開催される音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭2009」と連動した、約100公演の無料コンサートが開催される。主催は三菱地所。時間は12:00~19:30まで。

   今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのテーマは「バッハとヨーロッパ」。これまでの来場者からリクエストの多かった 「バッハ」をフューチャーし、彼が影響を受けたとされる作曲家や交流のあった作曲家たちの名曲を、一流のピアニスト、オーケストラ、さらには丸の内で働くワーカー合唱団、OLピアニストなど多彩なアーティストが演奏する。4月29日から5月6日には、一部の店舗で、「バッハ」にちなんで880円や8,800円の限定メニューなども登場する。

   また、丸ビル7階の丸ビルホールでは、09年4月30日から5月6日まで、近年のクラシックブームに火をつけた漫画「のだめカンタービレ」初の展覧会となる『のだめ カンタービレ♪ワールド』が開催される。漫画の原画展示や、ヒロイン「のだめ」の部屋を再現したものや、漫画の世界を彷彿とさせるピアノの生演奏など、のだめワールドを体感できるイベントだという。

   さらに、09年5月6日の15:00~15:30には、日本オーストリア修好140周年記念の一環として「ウィーン少年合唱団」が丸ビルに来館し、丸の内特別公演を行う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中