2018年 7月 17日 (火)

マイクロソフト、中古PC向けにOSを提供

印刷

   マイクロソフトは2009年4月24日、中古PC向けにOS(基本ソフト)を提供する「MAR(Microsoft Authorized Refurbisher)プログラム」を始めた。対象となるOSは、ウィンドウズXPの「プロフェッショナル」と「ホーム」で、ヤマダ電機などの中古PCを取り扱う家電量販店9社を通じて提供する。新品PC向けよりも安価な「セカンダリライセンス」と呼ばれるものが提供され、中古PC市場の活性化を目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中