マイクロソフト、中古PC向けにOSを提供

印刷

   マイクロソフトは2009年4月24日、中古PC向けにOS(基本ソフト)を提供する「MAR(Microsoft Authorized Refurbisher)プログラム」を始めた。対象となるOSは、ウィンドウズXPの「プロフェッショナル」と「ホーム」で、ヤマダ電機などの中古PCを取り扱う家電量販店9社を通じて提供する。新品PC向けよりも安価な「セカンダリライセンス」と呼ばれるものが提供され、中古PC市場の活性化を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中