「ひとりめし」このガイド本があればもう怖くない!

印刷
料理がどれもおいしそうなんです
料理がどれもおいしそうなんです

   京阪神エルマガジン社が2009年4月3日に発売した「東京ひとりめし」が、関東圏の本屋を中心に、好調な売れ行きを見せている。

   銀座、新宿、池袋、渋谷など都内主要エリアを中心に、ひとりでも気兼ねなく入れ、かつ値段やサービス面から見ても高レベルのお店を約150店掲載した。昼めし篇では「アポ前喫茶めし」「15時以降セーフめし」、夜めし篇では「残業帰りの満腹めし」「よるの寄り道カフェ」など、各時間帯・シーンに最適なお店を、料理の写真や店内レポートとともに掲載。後半部では「ひとりめし上級篇」として、ひとりのみできるバーや、お値打ちの寿司店などを紹介している。

   価格は780円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中