レクサスの試作車ベース車 24時間レースに参戦

印刷
参戦車両のイメージ図
参戦車両のイメージ図

   トヨタ自動車のレクサスブランドはこのほど、2009年5月21日から24日にかけてドイツで開催される「第37回ニュルブルクリンク24時間耐久レース」に参戦する、と発表した。

   08年に続いて2回目の参戦で、参戦する車両は開発中の2座スポーツカー「LF-A」。開発中の試作車をベースに安全装備や空力パーツを追加、エンジンや駆動系は大きく変更をしていないという車両は、最高出力367kW(500ps)以上の4.8リッターV10エンジンをフロントに搭載した後輪駆。パドルシフト式のシーケンシャルMTを変速機に用いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中