2019年 12月 12日 (木)

もう一度イチから考える ~山中俊治の大根おろし器~

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   山中俊治さんとは長いお付き合いになるけれど、去年からは慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスでデザインについて若い学生と日々格闘し合う仲になっている。そこでも感じるのだけれど、山中さんという人は何でも根本から、イチから考え直す習慣が身に付いている。

「グッドデザイン賞」金賞に

底面がひとまわり大きく、テーブルにしっかり固定
底面がひとまわり大きく、テーブルにしっかり固定

   今回取り上げるのはOXOの大根おろし器だ。2006年度のグッドデザイン賞の金賞を受賞したもので、山中さんらしさのあるデザインだ。大根おろしにこれほどの改良を加えることができるなんて思いもよらない。

   まずおろしたものを受け止める容器がしっかりとテーブルに固定できるように底面がひとまわり大きくなり、しかもこれが動かない。容器の内側はつるんとしたABS樹脂なのに対し、外側はもちやすく柔らかいサントプレーンという特殊なゴムを使うという工夫がなされている。水切り用の飛び出した部分が真ん中に用意されていて水切りがしやすい。ちなみにこの注ぎ口の飛び出しと底面の飛び出しはそろっていて、立てて置くことができる。収納にも便利。さらにしっかりと取り付けられるフタが付いている。この容器のまま保存することもできる。

   不便に思っている点について考える、改良する方法を考える。それを統合した場合の折り合いをつける。エンジニアの発想に立つデザインというのはこれからの時代、さらに有用になっていくのだろう。


◆坂井 直樹 プロフィル

坂井直樹氏
ウォーターデザインスコープ代表/コンセプター。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授。1947年京都市出身。京都市芸術大学デザイン科入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。ヒッピー達とTattooT-shirtを売り、大当たりする。帰国後、ウォータースタジオを設立し、日産「Be-1」「PAO」のヒット商品を世に送りだし、フューチャーレトロブームを創出した。2004年デザイン会社、ウォーターデザインスコープ社を設立し、ケイタイを初めとした数々のプロダクトを手がける。現在auの外部デザイン・ディレクター。07年9月、新メディアサイト「emo-TV」を立ち上げる。同年12月には、日常の出来事をきっかけにデザインの思想やビジネスコンセプトを書きつづった「デザインの深読み」(トランスワールドジャパン刊)を著した。

>>>emoTV ムービーのココロミ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!