2018年 7月 21日 (土)

香料ベースに煎茶など加えた「ジン」

印刷
ヴィクトリア朝時代のボトルレリーフを模したデザイン
ヴィクトリア朝時代のボトルレリーフを模したデザイン

   サントリーは、輸入ジンブランド「ビーフィーター」シリーズの新ラインナップとして、プレミアム感を高めた「ビーフィーター24」を2009年5月25日から売り出す。

   既存の「ビーフィーター」は、ジンの香味ベースとなるジュニパーベリーなど9種のボタニカル類を使用している。一方、「同 24」の香味ベースには、さらに日本の煎茶、中国緑茶、グレープフルーツを加え、計12種のボタニカル類を使用した。

   また、蒸溜時の溜出する順で分けられる前溜・本溜・後溜のうち、ごくわずかな量しかないという本溜のみを使用し、フレッシュで優しい味わいに仕上げたという。 アルコール度数は、45パーセント。

   希望小売価格は、700mlで3,200円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中