2018年 5月 24日 (木)

全世界200万人を動員 「海底遺跡」が日本上陸!

印刷
海中のハピ神像 (C)Franck Goddio/Hilti Foundation - Photo: Christoph Gerigk
海中のハピ神像 (C)Franck Goddio/Hilti Foundation - Photo: Christoph Gerigk

   2009年6月27日~9月23日まで、パシフィコ横浜(ホールD)で「海のエジプト展~海底からよみがえる古代都市アレクサンドリアの至宝~」が開催される。

   「海のエジプト展」は、2006年5月から欧州各国を巡回し、既に200万人(09年5月現在)を動員している国際巡回展で、今回は欧州以外での初開催となる。

   会場では、アレクサンドリア、カノープス、ヘラクレイオンの各海底遺跡のコーナーが設けられ、約5メートルのファラオの彫像など合計約490点の発掘品が展示される。また、日本オリジナルの展示として、最新のバーチャルリアリティー技術を用いた当時の再現映像が公開されるという。

   入場料は、大人2300円、中人(高校生)1300円、小人(小中学生)800円。

   「名探偵コナン親子前売り券」や「王家の紋章ペア前売り券」、「海洋堂フィギュア付き前売り券」など、ユニークな前売り券も発売されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中