デザインでボランティア 佐野研二郎の子育て応援

印刷

   ボランティアで作りました。見てやってください。売れっ子アートディレクターの佐野研二郎さんからのそんなメールに驚いた。ボランティアする時間があるなら、こっちの仕事を受けてくださいよ、という人が列を成しているのではないかと思うところだけれど、

   「自分も2歳の娘の父親ということもあり」というひと言に納得。

   彼の子煩悩さは僕の職場でも有名で、実はスタッフの一人に至っては娘さんと一緒の佐野さんをひんぱんに目撃していて、「坂井のところのスタッフです」と自己紹介してからは一緒に自分の子どもも含めて遊んだりしているという。

キャラクターは「チアガルー」

実にほのぼのとしている
実にほのぼのとしている

   それはさておき、にっぽん子育て応援団のサイトは、佐野さんが応援団の理念に賛同し、ロゴとキャラクターとキャッチコピーが作られたのだそうだ。付き合わされたのではなく、楽しんで積極的に関わったボランティアだったのだ。

   にっぽん子育て応援団という名前はすでにあったものの、キャラクターを考えたのは佐野さん自身。わかりやすい理由がいつものようにある。カンガルーのお母さんはおなかにポケットがある。ここに子どもがいることで親子の表現が簡単にできる。そして応援団だからボンボンを持つ。せっかくだから子どもにも。応援団の女の子はチアガール。だからこのキャラクターは「チアガルー」。ダジャレでしょと感じながらも、相変わらず佐野さんのアイデアは一度見れば頭に入る。彼はいつもデザイナーする本人でありつつ、企画者、ディレクターでもある。そこがいつも光っている。

   ロゴの赤い円はまさにチアガルーのボンボン。これもひと目でわかる。そこに「子」という文字は黄色、「育て」の文字は水色。これが英訳と見事に対応している。「子」は黄色の「CHILDREN」だけれど、「育て」は水色の「PARENTS」。英訳と照らし合わせることでロゴがキレイに整った。

「応援団ですが、応援してください。」

mono41600_pho02.JPG

   にっぽん子育て応援団は、子どもを持つ家庭が幸せに暮らせる社会を作るために、政策の実現と財源の確保を考え、実現していくための団体だ。樋口恵子さん、堀田力さんと言った応援団長たちのもとに、真剣にこれからの子育てを考えないとまずいよ、と考えている人々から始まっている。

   応援団に向けての佐野さんのキャッチコピーも面白い。3段がまえなのだけれど、まずは「なんとかしたい!」 何を、と思う。そこに「安心して子育てできる日本を、つくろう。」 なるほど、と思う。そして最後に少しにやっとさせてくれる佐野さんらしいコピーが来る。「応援団ですが、応援してください。」佐野さん自身、今回は応援団の応援にまわっているところで、とても素直なコピーに仕上がった。

坂井直樹


◆坂井 直樹 プロフィル

坂井直樹氏
ウォーターデザインスコープ代表/コンセプター。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授。1947年京都市出身。京都市芸術大学デザイン科入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。ヒッピー達とTattooT-shirtを売り、大当たりする。帰国後、ウォータースタジオを設立し、日産「Be-1」「PAO」のヒット商品を世に送りだし、フューチャーレトロブームを創出した。2004年デザイン会社、ウォーターデザインスコープ社を設立し、ケイタイを初めとした数々のプロダクトを手がける。現在auの外部デザイン・ディレクター。07年9月、新メディアサイト「emo-TV」を立ち上げる。同年12月には、日常の出来事をきっかけにデザインの思想やビジネスコンセプトを書きつづった「デザインの深読み」(トランスワールドジャパン刊)を著した。

>>>emoTV ムービーのココロミ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中