2018年 7月 17日 (火)

お釜の内部を検知しておいしく保温

印刷
IHの高火力で炊き上げ、センサー検知で「つゆ付き」を抑えておいしく保温
IHの高火力で炊き上げ、センサー検知で「つゆ付き」を抑えておいしく保温

   東芝ホームアプライアンスは、お釜の内部をすばやく検知する「内蓋温度センサー」と、冷めやすい内釜内の上部を効率よく加熱する「胴ヒーター」を新たに採用したことで温度ムラやつゆが付くのを抑えて、おいしく保温する剛熱厚釜のIH保温釜「RC-10RH」を、2009年6月1日に発売する。

   新商品は、内釜の内側にコーティングしたダイヤモンドチタンコートによって、きめ細かな対流で加熱ムラを抑え、お米の一粒一粒にしっかりと熱を伝えてふっくらと炊き上げる。季節の水温の変化に応じておいしく炊き上げる「ふっくら予約炊き」機能を搭載。また、パンや温泉卵、豆腐づくり、焼き料理が手軽にできる「調理コース」も搭載した。

   オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中