麻雀「ピンフ」であがって「平和」に貢献

印刷
イベント「平和募金マージャン」の開催を伝えるサイト画面
イベント「平和募金マージャン」の開催を伝えるサイト画面

   ゲーム開発のシグナルトークは、運営するオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」を通じて「世界の平和」に貢献するイベント「平和(ピンフ)募金マージャン」を、2009年5月22日から同年6月4日まで開催する。

   ゲーム中に、アガリ役の「平和(ピンフ)」であがると1回につき10円を、シグナルトークから日本ユニセフ協会に寄付する。ピンフをあがるごとに募金が増えていく仕組みで、同社の「麻雀を打ちながら、平和について考えてほしい」という思いが込められている。 ピンフは麻雀のアガリ役の中でも最もポピュラーで、いわば基本中の基本。初心者がまず覚えるアガリ役であり、また他の役と組み合わせることでより高い点数が狙えるアガリ役でもある。

   ちなみに、「Maru-Jan」における1日のピンフのあがり数の合計は、平均で約1万回になる。

 

   また今回、ランキングイベントも09年6月18日まで同時開催。こちらはピンフのあがり数を競うもので、優勝者に40000ポイント・雀貨400枚、2位に20000ポイント・雀貨200枚、3位に10000ポイント・雀貨100枚など、500位までに賞品が用意されている。

   詳細はこちら

   http://www.maru-jan.com/event200905_pinfubokin.html

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中