PENTAX、デジタル一眼の上位機種

印刷
画像のレンズはDA17-70mmF4AL[IF]SDM(別売)
画像のレンズはDA17-70mmF4AL[IF]SDM(別売)

   HOYA PENTAXイメージング・システム事業部は、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-7」を2009年6月末から発売する。 現在発売されている「K20D」の上位機にあたり、ハイアマチュアをはじめ、写真愛好家向けにリリースされる。

   新たに開発された画像処理エンジン「PRIME2」を搭載し、処理スピードが向上。CMOSイメージセンサーに有効約1460万画素は現行のままだが、液晶モニターを92万画素3.0型TFTカラーLCDにグレードアップし、ファインダー視野率を約100%にした。「ライブビュー機能」などでのピントや構図の確認がしやすくなった。

   その他、「5.2コマ/1秒」連写を実現。シャッタースピードを8000分の1秒まで速くするなど、機能を高めた。重さは670gと45g軽くなっている。手ブレ防止機能、防塵・防滴構造はそのまま継承しており、動画撮影も可能。

   オープン価格だが、本体のみで13万円前後、標準レンズの付いたものは14万円前後になる見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中