「芽が出るインナー」日本代表作品に 世界ランジェリー大会

印刷
日本代表に選ばれた黒巣さんの作品「芽が出るインナー」
日本代表に選ばれた黒巣さんの作品「芽が出るインナー」

   世界規模のランジェリーデザインコンテスト「Triumph Inspiration Award 2009」の日本大会が、2009年5月25日、東京・新宿の文化服装学院ホールで開かれ、9月下旬、イタリア・ミラノの世界大会に参加する日本代表作品が決まった。

   若手デザイナーの育成と発掘を目的とした本大会は今年で2回目。世界28カ国が参加している。日本大会は文化服装学院の学生159人の作品740点の中から選ばれた10作品について、モデルたちが着用するなどして最終審査が行われた。

   日本代表作品には、キャベツをモチーフにした黒巣幸乃(くろすさちの)さんの「芽が出るインナー」が選ばれた。葉をイメージした生地を何枚も張り合わせてあり、明るくなるような新芽の色と若いキャベツをイメージしたフォルムが印象的だ。

   黒巣さんは「胸のボリュームをアップするため葉っぱを何枚も重ねたことと、キミドリを色鮮やかにするため30回も染色しました。作品のイメージは松田聖子さん。フレッシュでアイドルっぽい、かわいらしい感じが出たらいいと思った」と話していた。

   トリンプ・インターナショナル・ジャパン社長のクリスチャン・トーマさんは「審査は難しかった。でもわたしはキャベツ大好き。健康のためにはキャベツ食べなきゃだめですね」とユーモア溢れるコメントを流暢な日本語で話し、会場をわかせた。

   昨年の第1回世界大会では日本代表の松尾みどりさんの繊細な女心をイメージしたインナー「Under Skin」が優勝している。黒巣さんの「芽が出るインナー」は2010年に商品化され、国内のトリンプ取扱い店舗で販売を予定する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中