「鉄腕アトム」のCG映画、09年秋に日米で公開

印刷
(C)2009 Imagi Crystal Limited Original Manga (C) Tezuka Productions Co.,  Ltd.
(C)2009 Imagi Crystal Limited Original Manga (C) Tezuka Productions Co., Ltd.

   日本初の国産テレビアニメ「鉄腕アトム」を原作とした、初の本格的フルCG映画「ATOM」が、2009年秋に日米で同時公開される。

   制作するのはイマージスタジオ。香港、L.Aにクリエイティブ部門と制作部門があり、東京にも支社がある。「ドリームワークス」「ピクサー」などと同等の技術力を持つといわれる新進気鋭のアニメーションスタジオ。

   声の出演は、豪華ハリウッドスターが担当する。主人公のアトム役には、「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア。アトムの生みの親、天馬博士には新作「ノウイング」の公開が控えているニコラス・ケイジ。アトムの育ての親、鼻がトレードマークのお茶の水博士には「ワルキューレ」に出演中のイギリス俳優ビル・ナイ。その他、多くの有名人がキャスティングされる予定。

   日本での配給は角川映画、角川エンタテインメント。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中