花に埋もれて「あの世」へ  新葬送プラン「おくりばな」

印刷
「おくりばなの儀」で飾られたお棺(花はバラ)
「おくりばなの儀」で飾られたお棺(花はバラ)

   日比谷花壇は、お葬式サービス「フラワリーフューネラル」から、火葬場でのお別れプラン「おくりばな」を2009年6月1日より発売している。

   同商品は、近年増加傾向にある、通夜・告別式などの式典を行わずに火葬のみ行う「直葬」のニーズにこたえるもので、火葬前に安置場所に家族や親族などが集まり、お棺に花を敷き詰めて故人を美しく飾る儀式「おくりばなの儀」を行って、温かく見送る新スタイルの葬送プランだ。

   基本セットの内容は、病院の送り迎えから、火葬施設使用料、「おくりばなの儀」、各種手続き、霊柩(きゅう)車、お棺・収骨容器の用意などをセットにしていて、仏式、キリスト教式、」神式、無宗教式すべてに対応している。

   料金は34万3610円。その他、オプションあり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中