熊が出るのも「魅力」!? 小日向さんが語る北海道

印刷
トークイベントに参加した小日向さん
トークイベントに参加した小日向さん
「いつ熊が出てくるか分からない怖さも北海道にはありますが、とても自然を感じます」

   ワイルドに北海道紹介をするのは、「ゆとり旅案内人」を務める俳優・小日向文世さん。北海道観光振興機構が東京お台場で2009年6月5日に開催した、「ゆとりツーリズム北海道DAY」でのひとコマだ。

   ひとつの地域にゆっくり滞在・観光するというコンセプト「ゆとりツーリズム北海道」のPRイベントで、トークステージに参加した小日向さんは、生まれ故郷である北海道の魅力を自身の経験も踏まえながら解説した。

   18で上京するまで北海道に暮らしていた小日向さんにとって、どのような思い出があるのか聞かれると、

「いいところがたくさんあって、空気と水が特においしいです。それに花もきれいだし、温泉もあります。特に北海道の自然が自分を作ってくれたと感じています」
「心のふるさとです。こっそり残してある隠れ家」

と、郷土愛を披露。さらに、どんなところがおすすめするかと問われると、

「稚内や彩北、知床がおすすめです。知床はクジラやイルカを見ることができるんですよ。海外に行くよりも、北海道に行きたいと思っています」

とのこと。

   春・夏の北海道観光をPRするイベントなのに

「夏の北海道もいいですが、一度は冬の北海道を見てもらいたいです。ダイヤモンドダストがキラキラしてきれいなんです」

と、冬の北海道も思わずアピールしてしまうほど、北海道を心から気に入っていることが伝わってきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中