「トランスフォーマー/リベンジ」PR 主演のラブーフら来日

印刷
出演のシャイア・ラブーフ(左)、ミーガン・フォックス(右)
出演のシャイア・ラブーフ(左)、ミーガン・フォックス(右)

   日本のアニメを原作にしたハリウッド映画の続編「トランスフォーマー/リベンジ」の世界公開に先だち、2009年6月8日に東京・六本木で、ワールドプレミアが開催された。

1500人の観客から大歓声

   主演のシャイア・ラブーフやミーガン・フォックス、監督のマイケル・ベイなどが来日。 ほしのあき、日馬富士、叶姉妹、加護あいなど各界の著名人も駆けつけた。

   ステージ上に展示された黄色の「シボレー・カマロ」が突如煙や炎に包まれると、高さ6.7メートルのトランスフォーマー「バンブルビー」に変身(トランスフォーム)。1500人の観客からは大歓声があがった。ラブーフは「この映画を是非楽しんでいただけたらと思います」とPR。フォックスは「最高のアクション大作だと思います」と語った。

   特別ゲストとしてタカラトミー創業者でトランスフォーマーの生みの親でもある佐藤安太さんが登壇。「25年前に考えたトランスフォーマーが、まさかこのような映画になるとは予想もしなかった」と述べ、マイケル・ベイ監督にトランスフォーマーフィギュアでできた記念品を贈呈した。

キスシーン? 「なかなかいい質問だね」

   翌9日、東京・新宿で行われた記者会見では、ラブーフに、劇中で披露された2人のヒロインとのキスシーンについて質問が及ぶと、「なかなかいい質問だね」と言いながらも照れた様子で「比較はできません。二人とも美しい女性たち。お金を払わなければならないくらい。これ以上言うと怒られるので」とジョークを交えて答えていた。

   ヒロインのフォックスは、撮影の苦労について、「1000ガロンのガソリンやダイナマイトの爆発するシーンは『みんな安全だから大丈夫だよ』と言ってくれたけど、怖かった。あれほどアドレナリンが分泌されたことはなかった」と話し、「トランスフォーム(変身)できたらどうする」との質問には「ジョニーデップの妻」と即答して笑いを誘った。

   マイケル・ベイは、続編の可能性について「まだ話はしていない」としながらも、「日本を舞台にして!」との要望には、「僕は撮影許可を取るのが得意だけど、日本で許可を取るのは難しいみたい。だから、皆さんの協力があれば実現するかも」と思わせぶりに語った。

   「トランスフォーマー/リベンジ」は6月20日から全国ロードショー。6月19日には世界最速で先行上映される。

レッドカーペットに参加した著名人。左から加護あい、叶姉妹、DAIGO、乙黒えり、KONISHIKIと妻、ほしのあき
レッドカーペットに参加した著名人。左から加護あい、叶姉妹、DAIGO、乙黒えり、KONISHIKIと妻、ほしのあき
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中