「ディア・ドクター」試写会に医療シンポ

印刷

   研修先を自由に選べる新臨床研修制度が2004年に始まり、その結果、研修医が大都市に集中して地方の医師不足を招いている。

   そこで、がん集学的治療研究財団は「『求められる家庭医・総合医』明日の臨床研修教育を考える試写会&合同シンポジウム」を2009年6月20日に開催する。

   僻地の医師不足を扱った映画「ディア・ドクター」(6月27日公開)を上映後、これからの医療を語るシンポジウムを行う。

   シンポジストは、加藤章氏(成宗診療所院長)、竹内麻里子氏(医師のキャリアパスを考える医学生の会)、土屋了介氏(国立がんセンター中央病院院長)ら。

   慶應義塾大学信濃町キャンパス北里講堂で、6月20日午前10時~午後2時30分に開催。

   入場無料、参加申し込みは同シンポジウム事務局(FAX03-3547-8577、Eメールmedtraining2009.com)まで。定員になり次第締め切る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中