「アクセラ」、初のフルモデルチェンジ

印刷
迫力ある外観のコイツは最高出力194kW(264ps)のヤンチャな子
迫力ある外観のコイツは最高出力194kW(264ps)のヤンチャな子

   マツダは、「アクセラ」をフルモデルチェンジし、2009年6月11日に売り出した。

   2003年に初代が誕生し、今回が初めてのフルモデルチェンジで、初代同様にボディタイプはセダンタイプとハッチバックの2種類がある。フロントに「5角形グリル」を用い最近のマツダのデザイントレンドを採り入れた外装は、初代より躍動感に満ちたものとしている。ハッチバックにはスポーティ感を強めた「マツダスピードアクセラ」も用意され、こちらはボンネットにエアインテークが設けられ、ルーフスポイラーも与えられるなど外観上も違いが明らかだ。

   エンジンはいずれも直4で、1.5L(82kW/111ps)、2L(110kW/150ps)、4WDに搭載される2L(105kW/143ps)、「マツダスピード」に積まれる2.3Lターボ(194kW/264ps)の4種類を用意(括弧内は最高出力)。変速機は1.5LモデルにはCVT、2LモデルにはAT、2.3Lモデルには6MTがそれぞれ組み合わされる。なお、マツダの最新技術「i-stop」が2L2WDモデルに採用され、環境性能も高めている。

   価格は166万円~267万8000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中