「ギンザでやるのだ」 赤塚不二夫追悼展

印刷
『天才バカボン』「わしらはバカボンだ」扉(c)フジオ・プロ
『天才バカボン』「わしらはバカボンだ」扉
(c)フジオ・プロ

   松屋銀座では2009年8月26日~9月7日、8階の大催事場にて「追悼 赤塚不二夫展~ギャグで駆け抜けた72年~」を開催する。

   08年8月に亡くなった赤塚不二夫さん(享年72)を偲んで、その世界観を個人的なエピソードも交えながら紹介するイベントだ。

   会場デザインを指揮するのは、生前、赤塚さんとの親交も深かったブックデザイナーの祖父江慎さん。200枚以上に及ぶ原画を時代順に並べたほか、トキワ荘時代の未発表写真やアニメ作品の上映なども行われ、赤塚ワールドに浸りつつ元気をもらえる展示構成となっている。

   時間は10-20時、入場料は一般1000円、大学生・高校生が700円、中学生以下は無料(いずれも予定)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中