2018年 7月 23日 (月)

あの「桃鉄」が町の食堂になったよ!

印刷
値段がどれも良心的!
値段がどれも良心的!

   販売開始から20年以上たちながらも、国民的人気を誇るハドソンの代表的ソフト「桃太郎電鉄」。この「桃鉄」をモチーフにしたフードショップ「桃鉄食堂」1号店が2009年6月18日、イトーヨーカドー拝島店(東京都昭島市)に、また2号店が同月25日、イトーヨーカドー永谷店にオープンする。

   「桃鉄」シリーズは、プレイヤーが鉄道会社の社長として、日本国内を鉄道でまわりながら物件を購入して資産を増やし、日本一の大富豪を目指す、スゴロク形式のボードゲーム。そもそも同ゲームは、原作者でゲーム監督のさくまあきらさんが、各地のおいしい名産品を紹介したいという動機から製作したという経緯がある。この「桃鉄食堂」でも、それにならって全国のご当地グルメを半年ごとに紹介していくという。

   第1弾は「青森県」。黒石市の郷土料理である「黒石つゆ焼きそば」(600~650円)、林檎チップのソフトクリーム(250円)ほか、オリジナルメニューとしてらーめん(270円)、カレーライス(380円)、桃鉄焼(80円)なども販売する(カッコ内は予定価格)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中