スタバの店内が暗くなる…その理由は?

印刷
国内第1号店である、銀座松屋通り店
国内第1号店である、銀座松屋通り店

   スターバックスコーヒージャパンは2009年6月21日の20~22時、国内868店舗(09年6月15日現在)のうち646店舗において、照明を部分的に消灯する試み「Delight in the Night」を実施する。

   イベント名は、「楽しみ」や「喜び」を表す「delight」と、明かりを消すという意味での「de-light」をかけ合わせた。明かりを落とす度合いは店舗によって異なるが、「営業に支障のない範囲で、通常の営業時より暗くなります」(同社広報)とのこと。

   夏至(年間を通してもっとも昼が長くなる日)にあたる21日に、店内をほの暗くすることで非日常的な空間を演出し、利用者や従業員も含め、環境について考えるきっかけにしてもらうことが狙い。自宅や街の明かりを消すことで二酸化炭素削減に貢献するキャンペーン「100万人のキャンドルナイト」と連携した試みでもある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中