2018年 7月 16日 (月)

バーチャル世界で踊りまくれ! SCEJが「ミュージックカフェ」オープン

印刷
プレイ画面
プレイ画面

   ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、「プレイステーション3(PS3)」向けのオンラインサービス「PlayStation Home」上に、2009年6月18日から期間限定で「ミュージックカフェ」をオープンさせている。

   「PlayStation Home」は、PS3のグラフィック機能を生かした仮想世界サービス。自身の分身であるリアルな3Dアバターを操作して、世界中のプレイヤーとコミュニケーションを深めることができるというもの。

   「ミュージックカフェ」は、この仮想世界上に設けられたもので、「サウンドスペース」と「ギャラリースペース」の2つに分かれている。

   サウンドスペースは、ダンスフロアのようなもので、ユーザーに人気の曲が流れる中、アバターにダンスを躍らせたり、チャットをしたりしてコミュニケーションを深める場。ギャラリースペースは、液晶テレビ「ブラビア」やPC「VAIO」などソニー製品の3D展示場となっている。

   開設を記念して、ミュージックカフェの雰囲気にマッチしたアバター用のコスチューム販売や、ソニーがオフィシャルパートナーを務める「FIFAコンフェデレーションズカップ2009」に関連したイベントも「PlayStation Home」上で行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中