操作性高めた新グレードも追加 ホンダ「ストリーム」

印刷
写真は「RST」グレード
写真は「RST」グレード

   ホンダは、「ストリーム」にマイナーチェンジを施し、2009年6月18日に売り出した。

   「X」「RSZ」は、前後サスペンションを見直し、乗り心地や安定性を向上。外装では新デザインフロントグリル/バンパーを採用し、内装では新シート表皮をするなどして質感を高めた。

   また、2列シート仕様の「RST」グレードが新たに追加された。軽量化して、加速性能を向上させ、さらに専用チューニングを施したサスペンションも採用したことで操作性を高めたモデル。外装では大型テールゲートスポイラーを採用し空力性能に配慮し、内装ではレッドステッチ入り合皮・メッシュコンビシートを装備するなどしてスポーティさを強調したものとなる。

   価格は182万円~275万円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中